プリンターインクの汚れの取り方
2017.07.26

カラーピッカープリンターのインクを詰め替えていたら、手指や服にインクが付いてしまった…!インク交換時のよくあるミスですが、このインク汚れ、落とす方法はあるのでしょうか。落とし方を知る前に、まずインクには種類があることを知っておきましょう。
プリンターのインクには『顔料インク』と『染料インク』の2種類があります。プリンターメーカーや機種によって使用されているインクは異なるので注意が必要です。顔料インクを使用したプリンターは色の粉末を吹き付けることで印刷し、染料インクを使用しているプリンターは紙をインクで染めることによって印刷しています。まずは顔料インクの落とし方から見ていきましょう。
顔料インクは、細かな色の粒子の集まりです。そのため、比較的落としやすく、手指についた場合は石鹸で洗うのみで簡単に落とすことができます。服についた場合は、素早く衣料用洗剤を汚れの上にのせ、一般的な染み抜き同様、他の布等でトントンとたたくようにして汚れを落とします。その後、水で丁寧に洗い流して、漂白剤に浸けておけば汚れをきれいに落とすことができます。厄介なのは、染料インクの場合です。染料インクは紙を染めるため、顔料インクよりも小さな粒子が使用されています。そのため、肌や服についてしまうと、繊維の奥まで入り込んでしまうのです。
まず手指についた場合ですが、石鹸ではほぼ落ちません。食器用洗剤などでも落ちにくいですね。シャンプーで落ちることもあるようですが、使用している銘柄によって落ち方は変わってきます。ただ、手についても害がないので試してみるのもよいでしょう。ちなみに、手指の場合は2~3日経つと肌の新陳代謝とともに、汚れも薄くなって消えていきます。無理して落とす必要がないなら、落とすことは諦めて放置しておくのもひとつの手です。
洋服についてしまった場合、顔料インクのケースと同じように、すぐに汚れ落としに取り掛かることが大切です。手順もほぼ同じで、汚れに洗剤をのせてトントンと叩くようにして汚れを落とします。染料インクはより粒子が小さいので服の裏側に汚れが移ってしまわないように、汚れの下にいらない布などを引いておくとよいでしょう。そのあと漂白剤に浸けるのですが、染料インクの場合は塩素系の漂白剤を一度汚れ部分にしみ込ませて10分ほど待つようにします。その後、水で洗い流し、汚れが落ちていないようならもう一度漂白剤を使用し、その後普通に洗濯します。染料インクはどうしても汚れがキレイに落ちないことが多いので、プリンターのインクを交換するときは汚れてもよい服やビニール等の使い捨ての手袋を利用して、汚れから身を守ることが大切です。

▲ ページトップへ