プリンターインク販売サイト比較TOP5

第1位 こまもの本舗

  • あらゆるタイプのインクカートリッジを販売

  • 良質なサービスで快適なインク購入をアシスト

  • 長い創業実績による高品質な商品製造を保証

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

こまもの本舗に対するみんなの口コミ

会社の大型プリンターに使うインクカートリッジを大量に購入しました。まとめ買いで単価が安くなるので、経費節約につながってあ...
街のOAショップではあまり売っていない、ちょっと特殊な型番のインクカートリッジをこちらで見つける事ができました。商品ライ...
インクカートリッジを注文してから家に届くまでが、ホントに早かったです。すぐに使いたかったので助かります。送料も無料なので...

欲しいインクカートリッジをまとめ買い

こまもの本舗は、プリンタ用インクカートリッジをコスパ良く買える販売サイトです。種類豊富なインクを揃えているので、必要な製品を必ず見つける事ができるでしょう。

第2位 インク革命.COM

  • 純正品に劣らない高品質互換インクカートリッジ

  • 1年保証制度でインクトラブルもスマートにカバー

  • メーカーや型番を指定して快適なインク検索

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

インク革命.COMに対するみんなの口コミ

こちらで純正品の互換インクを格安購入してみました。純正品とどこが違うのか、ぶっちゃけ素人には見分けがつかないくらい発色は...
写真が趣味なので、プリンターによる印刷は普通の人よりかなり多いです。純正インクだと月の印刷代もバカになりませんが、こちら...
インクカートリッジも豊富ですが、トナーカートリッジもラインナップ揃っていて良いですね。欲しかった型番を買う事ができて嬉し...

保証精度も手厚い優良インク販売店

インク革命.COMでは豊富な品揃えはもちろん、万が一インク製品に不良品があった場合でも返品・保証するサポートが充実しています。安心して互換インクを買う事ができるでしょう。

第3位 ミタ

  • プリンタ用の様々な消耗品を低価格で販売提供

  • 選べる支払い方法が快適なインク通販をサポート

  • 大型のインクジェットロール紙など業務用製品に強い

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

ミタに対するみんなの口コミ

環境に優しいリサイクルインクを買いました。リサイクル品ですがれっきとした純正インクですので、使用にあたって問題は全くあり...
やっぱり互換インクカートリッジは安価でいいですね。もし製品に問題があっても、アフターサービスがしっかりしているので何の不...
クレジットカード決済に対応しているので、持ち合わせが少ない時でもインクを買う事ができます。特に仕事で使うプリンターでイン...

純正インクも互換インクも幅広く販売

種類豊富なプリンタ消耗品を取り扱っている、ミタという販売サイトが人気です。トナーやインク用紙など、特殊な型番も高品質な製品を取り揃えてあります。

第4位 ASKUL

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

インクのリサイクルも請け負う大手販売店

ASKULではプリンタ用のトナーやインク製品も豊富にあり、使用済みのものをリサイクル目的で回収も行っています。回収は無料で依頼できるので環境対策に貢献できますよ。

第5位 オフィネット

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

空インク買取も行っているエコなインク屋

オフィネットはリサイクルインクを豊富に販売しているインク店です。有償で空インクを買取しているのも大きなポイントです。

プリンターインクのメーカーによる違い

正面から見たトナープリンターのインクには、各社プリンターメーカーがプリンターに合わせて作った純正品である『純正プリンターインク』と、純正品よりも比較的安価な『互換プリンターインク』があります。互換プリンターインクは互換品・詰替用・非純正品と呼ばれることもあります。
純正品は基本的に正規メーカーが作っているものなので種類は多くありませんが、互換プリンターインクは最近メーカーも多く、種類も様々です。ただ互換プリンターのインク性能はメーカーによって異なります。例えば、ほぼ正規品と性能が変わらない色彩を再現できるものもあれば、写真印刷には適さないような出来の互換インクもあります。プリンターのインクの値段も純正品と互換品は大きく違います。基本的に純正品は高く、互換品のプリンターのインクは安い傾向にあります。
まとめると、純正プリンターインクは高い代わりに性能がよく、安定した品質を保っています。互換プリンターインクは正規品よりもかなり安価ですが、その代わり品質は製品によってまちまちで、またインク漏れなどの問題を起こす可能性も高くなります。どちらもメリット・デメリット両方が存在しますので、それぞれの特徴を把握して、自分が納得できるものを選ぶことが大切です。

プリンターインクの変え時期

トナープリンターのインクに関して、意外に迷う方が多いのがプリンターのインクの交換時期です。多くのプリンターはインクが少なくなってくると『インクが少なくなっています』という表示が出るようになります。こちらのメッセージは使用するたびに表示されますし、またプリンターのインクがなくなった状態で使用するのは故障の元になるということもあり、早めに交換した方がいいのだろうか?と思う方も少なくありません。実際、「少なくなっている」という表示が出た時点でプリンターのインクを交換しているという方もいらっしゃいます。
このように疑問点の多いプリンターのインクの交換時期ですが、基本的には『インクがなくなりました』というお知らせが出たタイミングで交換すれば大丈夫です。インクが少ない状態で使用しているとプリンターが故障してしまうのでは?と思われるかもしれませんが、少なくなっているという表示のときは必ず一定の残量があるときなので、使用上の問題はないのです。インクの中には、使用回数によってインク切れ表示が行われるタイプがあり、その場合は残量により余裕があることも多いですね。プリンターのインクは安いものではないので、しっかり使いきってからプリンターのインクを詰め替えるようにすると節約になりますし無駄もなく、効率的です。

プリンターインクの廃棄の仕方

黄色い紙プリンターのインクを詰め替えたとき、空になった使用済みインクカートリッジが出るかと思います。実はこのインクカートリッジ、簡単にリサイクルできるんですよ。正規品のインクカートリッジは、多くの企業がリサイクルボックスを各所に配置して回収を行っています。
特に利用しやすいのが、郵便局でのインクカートリッジの回収です。プリンターで有名な五社に関しては、郵便局の窓口でインクカートリッジを回収してくれます。回収ボックスは他にも家電量販店などの、各社プリンターを販売しているお店等に設置されています。
ただ、回収してくれるインクカートリッジには制限があるので注意が必要です。まず、純正品であること。互換プリンターインクのカートリッジなどは回収してもらえないので注意が必要です。純正品でも正しい使用法でなく、例えば外部からインクを注入して使用したものなどは回収不可となります。詳細は必ず各プリンター会社のHPに記載されていますから、そちらを確認してから利用すると安心ですね。
ちなみに互換プリンターインクや、再利用できない正規品などは基本的に『燃えないゴミ』に出すことになります。ただ地域によっては燃えるゴミに出せるところもありますし、捨て方に関しては地域で定められたルールに従うようにしましょう。

プリンターインクの相場

プリンタープリンターのインクの値段相場ですが、正規品と互換品で大きな違いがあります。まずは、正規のプリンターインクについて説明しますね。正規のプリンターのインクは、セットで3,500円~6,500円程度が相場です。大容量タイプだと9,000円台になることも少なくありません。決して正規品のプリンターのインクの値段は安くはないですね。これは、品質がしっかりしているためです。
例えば正規品はインク漏れやインク詰まりといった問題はほとんど起こりませんし、インクの発色も美しく、家庭での写真印刷にも十分に耐えられる品質の高さを誇っています。正規品ですからプリンターに悪影響を与えることもなく、とにかく安心して使用することができます。
では互換のプリンターのインクですが、値段はセットで1,000円~3,500円程度が相場です。正規品と比べると半額、安いものだと5分の1程度の値段になることもあります。互換のプリンターのインクは安いのが一番の魅力なのです。ただし、使い心地には差がありますし、品質にも結構なばらつきがあります。インク詰まりやインク漏れを起こす確率は正規品と比べると格段に高く、プリンター本体に悪影響を及ぼす可能性も同じように高くなります。
とはいえ、使用頻度や使用環境によって正規品が良いか、互換品が良いかは変わってくるでしょう。一番大切なのは、メリット・デメリットを把握して、自分が満足できるプリンターのインクを選ぶことです。

▲ ページトップへ